高血圧の原因!予防と改善について!

こちらでは高血圧の原因を解説!予防と改善には・・・

高血圧の原因は塩分?

塩分の摂取量って気になりますよね。ネットなど見ていると、1日に10gまでなら大丈夫となっています。

また、血圧が高い人の場合は、1日6g未満することが大切になります。もし、血圧を下げたいなら、できるだで減塩するようにしましょう。ちなみに減塩醤油なども販売されているので、上手く使うといいと思います。


今では血圧の下げ方も様々ありますが、簡単な方法には、日頃からお茶を飲むのもいいでしょう。

実は、お茶には血圧が下がるような作用があるんですね。特にハーブティーや緑茶、ウーロン茶、また、柿の葉茶、他にも数多くありますが、これらが有名なお茶になります。

但し、一気にお茶を飲んだとしても、今すぐ、血圧が下がるワケではありません。
お茶の場合は、手頃なので、高血圧の対策のために実践してみてください。寒い時期などエアコンや暖房を使うこともあると思いますが、温度が高い部屋から温度が低い場所に移る際は注意した方がいいです。ご存じない方もいますが、いきなり冷たいところに行くことで急激に血圧が上がるので危ないんですね。

つまり、こんなことをいつもやっていれば所謂、高血圧症になることが予想されます。そのような事から急減な温度差には注意しましょう。


ご飯で高血圧を予防や改善したいなら、やはり野菜は多く食べた方がいいでしょう。
そして、お肉などの脂っぽいものをひかえて栄養バランスの整ったご飯に変えてみてください。

 

これを毎日続けるとダイエットにもつながりますので高血圧の予防になります。
東洋医学で知られる漢方を試すのは、有効な方法でしょう。具体的な漢方薬には、次のようなものが有名です。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・釣藤散(ちょうとうさん)・大柴胡湯(だいさいことう)・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)など。但し、基本的に漢方薬と言うのは、飲んだからすぐ効果があるというのではなく、ある程度の期間は飲まなければいけません。

 

 高血圧の原因

広告を非表示にする